D2Cと通販(EC)の違いとは?

D2Cと通販(EC)の違いとは?

いま、ビジネスの世界でもっとも熱いトレンドの1つとして注目を集めるD2Cモデル。
しかし、従来の通販(EC)モデルとどこが違うのか、いま一つ理解できていない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、D2Cと通販(EC)の違いについて解説したいと思います。

通販(EC)とD2Cのビジネスモデルをおさらい

ec marketing

まずは通販(以下EC)とD2Cの基本的な定義についておさらいしておきましょう。

ECとは?

ECとはElectronic Commerceの略で、日本語で電子商取引と呼ばれています。

いわゆるネット通販のことで、インターネットを通じて取引を行うビジネスモデルのことを言います。

ECの特徴といえば、コストパフォーマンスと効率性の高さでしょう。ECでは、従来の実店舗での小売販売と違い、仲介業者を極力介さないことからコストを削減することができます。また、店舗を持たなければそれだけ賃料や人件費の削減にも繋がるため、利益率を高めることが可能です。

また、ユーザーに対してリスティング広告やSNS広告といった精度の高い媒体でアプローチできることから、効率性の高い運用が可能な点も特徴と呼べるでしょう。

D2Cとは?

D2CとはDirect to Consumerの略称のことを言います。

こちらもネット通販の形態をとっているのですが、D2Cでは企画・製造から販売に至るまでをすべて自社で行い、販売も自社チャネルでのみ行います。

いわゆるメーカー直販型(SPA)のビジネスモデルに似ていますが、デジタル技術をフルに活用してマーケティングに繋げる点や、商品ではなく世界観を重視した戦略を用いる点がこれまでのSPAとの違いと言えるでしょう。

ただ、従来のECであっても上記のようなことを行っていることはそれほど珍しくありません。D2CとこれまでのECの本質的な違いは他にありそうです。

D2CとECの違いはどこにある?

では、肝心のD2CとECの違いはどこにあるのでしょうか?

最大の違いは、従来のECが効率性を重視するのに対して、D2Cは世界観を重視しているという点です。

D2Cでは企画の段階からモノ(商品)ありきではなく、世界観ありきでコンセプトを練っていきます。例えば、「スーツケースを売るのではなく旅を売る」「マットレスを売るのではなく良質な睡眠を売る」といった具合に、商品そのものではなくライフスタイル全般に至るまでの世界観をパッケージとして販売します。

一方、従来のECはプロダクト重視。つまり機能性や価格に重きを置き、より効率的に商品を販売することが重要視されます。より良いモノを、より安く、より手軽にといった効率性が優先されるという訳です。

D2Cが革新的だったのが、世界観と商品をうまくリンクさせたという点です。つまり、モノ(商品)とコト(体験)の垣根を取り払い、ユーザーに新しい価値を提供したということ。こうした手法から、D2Cを「モノ付きのコト」と形容することもあります。

なぜD2Cが注目されるのか?

point

では、なぜこれほどD2Cが注目を集めているのでしょうか。理由は大きく2つあります。

1.ユーザーの消費行動が変化したから

1つは、ユーザーの消費行動が変化してきたということ。

従来までの消費行動は、機能性や価格など「モノ(商品)」がメインでした。しかし近年ではショッピングを通じてどんな「コト(体験)」ができるのか、といったニーズが高まっています。

D2Cが注目されているポイントはまさにここで、世界観を重視する販売戦略は、ユーザーが求める「コト」主体の消費ニーズと、親和性が高い言えます。

2.デジタル技術が発展したから

もう1つは、デジタル技術が発展したということ。

D2Cではデジタル技術の発展を生かした、データマーケティングを活用しています。顧客の詳細なデータを収集・蓄積し、個人の関心や興味に最適化されたアプローチを提供しています。

また、SNSツールの存在もD2C人気を後押ししています。SNSはデータ収集という点はもちろん、ユーザーに対して世界観やブランディングを行うのに優れたツールです。いまやSNSはユーザーにとって必要不可欠な存在で、こうしたツールが爆発的に普及し影響力を高めた点も、D2Cの拡大に大きく貢献しています。

まとめ

今回は、D2Cとこれまでの通販(EC)との違いについてご紹介しました。

どちらも、ネットショップを利用して販売を行うという点は同じです。しかしECがモノ(商品)を主体とした効率性を重視するのに対して、D2Cはコト(体験)を主体とした世界観を重視しています。

この前提条件が両者の最大の違いと呼べるでしょう。

D2C・通販(EC)に関わらず、ネットショップを利用するということは魅力あるサイトの構築が欠かせません。PRECSのカートシステム「リピスト」なら、事業者のニーズに応じた魅力あるサイトを手軽に構築することができます。

ネットショップの構築をご検討中なら、ぜひリピストにご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト