このエントリーをはてなブックマークに追加

単品通販と総合通販

単品通販と総合通販

ネット通販のジャンルは大きく分けて、様々なジャンルの商品を販売する「総合通販」と
ひとつの商品に特化した「単品通販」で分けられます。

単品通販とは何なのか?で、これから通販を始める方は「単品通販」の方がメリットが大きいと説明しましたが、ここでは「なぜ単品定期通販なのか?」をもう少し掘り下げて説明します。

まずは、「総合通販」と「単品通販」それぞれの特色について考えていきましょう。

総合通販の特色

幅広いジャンルの商品を販売することで、お客様がショップ内で「ほしい物」を探すタイプのショップです。
イメージとしてはドラッグストアやスーパーマーケットです。

良くも悪くも規模が大きいのが特徴で、取り扱う商品が多いため幅広くユーザーを拾えますが、商品が他のショップと重複するため、常に価格競争にさらされます。

また、取り扱い点数が大きくなることで総在庫数も大きくなり、仕入れコストや保管コスト、商品を登録する作業や、在庫管理などの人的コストも大きくなりがちです。

在庫のリスクは受発注(※注文があるごとにメーカーや問屋に発注する仕組み)に対応している卸元から仕入れることで回避できますが、原価(仕入れ価格)は高くなり、利益率は下がります。

リピーター作りの観点からも注意が必要です。
取り扱い商品が多岐に渡ることでお客様ごとの「ほしい物」が把握しづらくなるため、ターゲット層の絞り込みが難しく、顧客分析に時間を要します。

これらの理由により、総合通販への参入にはある程度の事業資金と人員数が必要で、これから通販を始めるという段階では障壁が高いと言われています。

単品通販の特色

ひとつの商品(またはジャンル)の商品しか販売しないタイプのショップです。
イメージとしては「大間のマグロ専門店」や「神戸牛専門店」などを想像してもらえればわかりやすいかと思います。

販売商品(ジャンル)を絞り込むことで、在庫管理や商品登録などの運営コストを低く抑えられるため、LP作成やCS向上の施策などに注力できます。

LP作成に注力できれば、商品の訴求点を網羅した手の込んだページを作成できるので

CVRを上昇させやすい

と言えます。

また、CS向上の施策が適正に行えれば「次も利用したい」というファンを獲得できるので、毎月お届けなどの定期コース申込みへと引き上げて、

長期的な売上を狙う

ことができます。

特に自社で開発した商品を販売している場合は、他店では買えない商品なので価格競争にさらされることもなく、安定した収益が期待できます。

さらに顧客分析や広告効果分析など行う際にも、多点数で展開した場合に比べ分析がしやすいというメリットもあります。

そのため、オンリーワンの商品でこだわり性が強く、かつ消費されるものを販売される方や、これから通販を始めるなどの小規模にスタートしたい方に非常に有効な販売方法です。

単品通販に向く商品

一定に消費されていくものであれば単品通販でスタートしやすいと言えるでしょう。

・健康食品 → 例)サプリメント、健康ドリンクなど
・化粧品 → 例)化粧水、美容液など
・美容雑貨 → 例)使い捨てコンタクト、コンタクトの洗浄液など
・食品 → 例)お米や水、コーヒーやお酒、季節のこだわり野菜を毎月お届け、など
・雑貨類、文具類 → 例)洗剤、ティッシュペーパー、コピー用紙など

その他、定期コースでも回数別で違う商品を送る「頒布会」という販売方法もあります。
どんな商品をどの販売方法で売っていくかというのは非常に重要な点なので、なるべく多くの情報を集めて決定しましょう。

まとめ

総合通販と比べた際の単品通販のメリット

  • 仕入れ(生産)コストが低い。
  • 運営コストが低い。
  • そのためLP作成やCS向上の施策に注力しやすい。
  • 安定した収益が期待できる
  • 顧客分析が行いやすい。

単品通販は運営コスト・初期投資が抑えられ、ひとつの商品を長く売ることでリピート施策のノウハウも溜まりやすく、コストを抑えながら小回りの利く運営が可能なので、総合通販と比べて事業として軌道に乗せやすいと言えます。

単品通販をはじめるならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加