このエントリーをはてなブックマークに追加

ステップメールとメルマガの違いを教えます!!

ステップメールとメルマガの違いを教えます!!

ショップの情報をユーザーにメールで配信する方法には、「ステップメール」と「メルマガ」があります。2つの言葉を聞いたことはあっても、その違いはよく分からないという人も多いかもしれません。

メルマガとステップメールの違いは「それによってユーザーに伝えたいこと」の違いです。

メルマガが伝えるのは“最新の情報”なのに対し、ステップメールはユーザーにとって“最低限必要な情報”を伝えるためのツールです。両者の違いをより理解するために、それぞれの特徴について詳しくご紹介します。

メルマガとは?

メルマガとは、ショップの“最新の情報”を、一括でユーザーに配信していくメールです。

メルマガは受信者が「これはお得な情報だ」と感じられるようなコンテンツを作っていくことが重要です。

実行するのは決して簡単ではありませんが、面白いメルマガをいくつか購読して真似からはじめることで、メルマガ運用のコツがだんだんとわかってきます。

情報の質、文章表現、構造に着目して研究し、成果につながるメルマガを送りましょう。

旬のショップ情報を伝えるメルマガ

メルマガは“最新の情報”を提供するためのツールとして使われています。ショップのセール情報や新着商品の紹介などといった、その時その時の旬の情報を、定期的もしくは不定期で配信していくのがメルマガなのです。

多くのユーザーに一括で配信

メルマガに登録しているすべてのユーザーに、一括して同じタイミングで情報が配信されます。

過去のメルマガは読まれない

多くの場合、メルマガに登録したユーザーが見るのは、登録した時点からのメルマガだけ。もちろん、過去のメルマガを見ることも可能ですが、過去にまで遡ってメルマガを丁寧に読み込む人はかなり少ないでしょう。

そのため、サイトの利用上の注意や送料・配送方法など「すべてのユーザーに必ず伝えたいこと」を配信するのには不向きと言えます。

ユーザー目線で考えた配信頻度

メルマガ配信で結果を出したいのなら、コンテンツの中身はもちろんのこと、配信頻度も考慮しなければなりません。

どれだけ優れた情報でも週に5回も送られると、ユーザーは消化不良になってしまい、メルマガの購読をストップしてしまう可能性もあります。

ユーザー目線で考えると、週1回ぐらいの配信が妥当でしょう。週刊誌のような感覚でユーザーも気軽に楽しめます。

ステップメールとは?

ステップメールとは、ユーザー一人一人に“最低限知ってもらいたい情報”を伝えるためのメールです。

最低限必要な情報を伝えるステップメール

ステップメールは、ユーザーにとって最低限必要な情報を、一人一人に伝えていくためのツールです。

ショップの大まかな紹介や利用上の注意、初回登録者への特典、商品購入のお礼などといった、すべてのユーザーに伝えたい最低限の情報を、定型文としてあらかじめ用意しておいて配信します。

段階(ステップ)に応じて、個別に送信

ユーザーが商品を購入したときや、商品を発送するとき、配送が完了したときなど、段階に応じて決まったタイミングで自動的に定型文を配信するステップメール。

各ユーザーそれぞれの利用状況に合わせて、個別に送信されます。メールの数や配信のタイミングは、自由に設定できます。

固定的な内容

ステップメールは、配信されるタイミングがユーザーによって違うので、その内容は固定的なものが基本となります。最新の情報、流動的な情報を送りたい場合には不向きです。

ステップメールを送るときのチェックポイント

ステップメールとメルマガを混同してしまうと、目的は達成できません。ステップメールを送るときのチェックポイントは最低限おさえておきましょう。

ステップメールは顧客との信頼関係を構築するツール

顧客のステップによって定型文を配信するステップメールですが、ただ惰性で送っていては成果に結びつきません。

ステップメールの真の目的は、見込み客&既存顧客と信頼関係を構築することです。信頼関係を構築して、長期的なファンになってもらえば、ショップに安定した収益をもたらしてくれます。

※関連記事「CRM施策としてのステップメール

商品・サービスの売り込みをしすぎない

ステップメールは、段階的に配信してリピート購入を狙ったり、資料請求に導くなど具体的なアクションを達成するツールでもあります。

ただし1つ注意しておきたいのが売り込みをしすぎないこと。ステップごとに顧客の気持ちを想像したうえで文章を書き、欲しいアクションを起こさせるのです。

情報を絞り込んで一貫性のある文章を

「顧客が知っておくべき最低限の情報」を知らせるのがステップメールの役目です。

いくら面白い情報でも欲張って1つのメールに詰め込むと、一貫性のないごちゃごちゃした文言になってしまい、顧客の心を動かすことはできません。

情報は極限まで絞り込んで、すっきりとしたメールになるように意識しましょう。どうしても伝えたい内容がある場合は、メルマガで送信しても構いません。

「顧客にどのような行動をしてほしいのか」目的をハッキリさせたうえで、目的達成のために必要最低限の文章を書くのが基本です。

※関連記事「ステップメールの文章チェックポイント

ステップメールとメルマガの連携

ステップメールとメルマガは、それぞれ特徴が違うので、必要に応じて二つのメールを組み合わせるといいでしょう。

初回購入時などにステップメールで最低限知っておいてほしい情報を伝え、それ以降の最新情報はメルマガでお知らせしていきます。したがって、ステップメールの内容とメルマガの内容は、しっかり分けて作っていく必要があります。

ショップや商品についての情報をユーザーにスムーズに伝えていくことは、あなたのショップの信頼度を高めることに繋がり、さらにはショップ全体の売上やサイトへのアクセス数も伸びていくでしょう。

違いを理解して使い分ける

メルマガとステップメールの違いを理解して使い分けていくことで、ユーザーにショップについての理解を深めてもらい、より信頼を得ることができます。

両者を上手に利用して、「少し丁寧過ぎるかな」と思うくらいの気持ちでメールを送るといいかもしれません。その丁寧さは信頼へと繋がり、やがてショップの売上にも繋がることでしょう。

プレックスのリピストでは、メール配信のサポートを含め、ショップ運営のノウハウを分かりやすくサポートしています。

bn_stepmail

このエントリーをはてなブックマークに追加