このエントリーをはてなブックマークに追加

効果的なランディングページの構成

landing02

ランディングページ(LP : Landing Page)をご存知でしょうか?

主にネットマーケティングの分野で使用される用語で、ランディングページについて理解することは、ネットショップ運営者にとって効率よく売上げを伸ばすために非常に重要です!

ここでは、ランディングページの構成や作り方について説明していきます。

ランディングページとは?

ランディングページ(LP)とは、ネット広告やリンクをクリックして最初に表示されるウェブページのことです。一般的には商品・サービスを宣伝するためのページをさし、サイト訪問者が最初に見ることになる、いわばサイトの入口となるので重要なページとして扱われます。

ランディングページを効果的にすることで、ネット上での商品・サービスの売上げを伸ばすことができます。

ランディングページの構成

ランディングページの構成にはある程度知っておくべき常識があります。それはページの見易さや効率的な情報提供などのノウハウにはそれなりの決まりがあるからです。

今回、高いコンバージョン率を得ることができる効率的なランディングページの構成を構成要素に分けて紹介します。

1.タイトル・キャッチコピー

タイトル・キャッチコピーとは、ランディングページの冒頭に表示するものです。サイトの入口となるランディングページの冒頭に表示される言葉であるので、入口中の入口!サイト訪問者であるユーザーの興味を引き付ける言葉を選ぶべき。

ユーザーの悩み事などを解決する内容を簡略化したタイトルがベストです。タイトルに表しきれない場合は、サブタイトルや写真を用いることもできます。

2.導入部

タイトルの下にはランディングページの導入となる文章を配置しましょう。ランディングページで一番重要となるのは、いかにサイト訪問者の離脱を防ぐことができるかです。導入部には、ユーザーの悩みを代弁するような表現にすると良いでしょう。

さらに、ページで紹介する商品・サービスがユーザーの悩みを解決できることを記すのも効果的です。

3.販売したい商品を紹介

さて、ここで本来の目的である商品説明をしましょう。この段階ではユーザーは商品に対して興味を示している状態です。商品説明に決してデメリットとなる部分を書いてはいけません。また、説明文はそこまで詳しいものである必要はありません。

商品の詳細情報はリンクを貼って別のページに表示しましょう。ここでの商品説明に必要なのは、商品の基本的な情報と商品の写真です。

4.商品のメリット

商品説明を終えたら、商品を利用することで得られるメリットを載せましょう。商品説明はあくまでも商品の基本情報です。ユーザーに商品についてざっくり知ってもらうためのコーナーなのです。つまり、この段階ではまだユーザーには商品の魅力が伝わっていません。

ユーザーが離脱する前に、商品のメリットを伝えましょう。商品を使用した後に、ユーザーにとってどのようなメリットが生まれるのかを説明します。箇条書きでも文章で表現しても構いません。もっとも重要なのは、メリットをわかりやすく伝えることです。

メリットを伝える方法として2つあります。

既に商品を利用したお客さんのコメントを載せる

ただメリットを説明するだけでは生まれない安心感や信憑性をユーザーにもたらすことができます。

商品のメリットを数値化したデータを表示する

数字を利用したデータは多くのユーザーに「本当に効果があるんだ!」と思わせることができます。商品の良さは実際に使ってみないとわからないですが、少しでも信頼できる情報を提供する工夫が重要となります。

5.商品購入に関する情報

最後に、商品の購入方法を記します。購入方法を具体的に長々と書くとユーザーも飽きてしまうので、申込みフォームや購入ページへのボタンを設置することをオススメします。

ランディングページの構成の重要性

ランディングページの構成は「サイトの顔」を決めるものです。つまり、サイトや商品に対する第一印象を決定づけるのです。構成をいい加減に組み立てると、ユーザーにとって読みにくく、商品の魅力が伝わりにくいものになってしまいます。最悪の場合、商品に対する悪印象が生まれてしまいます。

正しい構成を心掛けることで、より高いコンバージョン率を獲得できるランディングページを作成しましょう!

ランディングページの効果を最大化させるならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加