実践!今日から取り組みたいO2Oの施策6選

オンライン上のユーザーを実店舗(オフライン)に誘導するための施策をO2O(オーツーオー)と呼びます。

デジタル技術が発展したことで近年大きな注目を集めるマーケティング施策の1つですが、具体的にどのような手法が挙げられるのでしょうか?

今回はO2Oの代表的な施策についてご紹介します。

O2Oとは?

O2O(=Online to Offline:オーツーオー)とは、ECサイトやアプリといったオンライン上のユーザーを、オフラインである実店舗へ誘導するためのマーケティング施策のことを言います。

例えば、Web上で発行される割引クーポンやキャンペーン情報を提供するプッシュ通知などが具体策に挙げられますが、いずれもオンラインのユーザーを実店舗に誘導し、売上の向上に繋げることが目的となっています。

ユーザーはまずオンラインを訪れる

デジタル技術の発展や、スマートフォンが広く普及するのに合わせて、ユーザーの消費行動に変化が見られてきました。

かつてはまず実店舗を訪れて商品を選ぶことが当たり前でしたが、現在ではネットコンテンツやECサイト、アプリといったオンライン上の情報にアクセスし、その次のステップとして実店舗が存在しています。

これは一見、実店舗での消費が落ち込むというマイナスの変化に映りますが、視点を変えれば店舗を訪れない見込み顧客とも接点を持てるということ。オンライン上で魅力ある施策を提供できれば、そこから実店舗への来店を促すことができ、売上の向上に繋げることができます。

加えて、デジタル技術の発展により、ユーザーにとって魅力的な施策を実現する環境が整っていることもO2Oが注目を集める理由といるでしょう。

O2Oの具体的な施策を紹介

では、ここからは実際にO2Oに取り組む際に効果が期待される施策について見ていきましょう。

1.割引クーポン

まずご紹介するのが、割引クーポンです。

Webサイトやアプリで来店時に利用できる割引クーポンを発行。ユーザーはこれを持って店舗を訪れることで、お得なサービスを受けることができます。

ECサイトなどではCVR向上に繋げる定番の施策ですが、O2Oにおいても高い集客効果が見込める魅力的な手法と言えます。とくに新規顧客の獲得には効果的で「まずユーザーに来店してもらう」という目的を達成するには、ぜひとも導入したい施策と言えるでしょう。

2.プッシュ通知

2つ目は、プッシュ通知です。

プッシュ通知は、スマホなどで内容をチェックする頻度も多く、ユーザーの視認率が高い施策と言えます。O2Oにおいて、ユーザーの属性や行動履歴などから通知内容をカスタマイズすることで、よりパーソナライズ化されたアプローチが可能。

セール情報やキャンペーン情報はユーザーのニーズも高いことから、効果が期待できる施策と呼べるでしょう。

3.SNS

SNSを使ったアプローチも、O2Oの代表的な施策の1つです。

例えば、自社のSNSをフォローしたユーザー限定にクーポンを発行するといった手法などは効果的でしょう。

また、SNSではユーザーがサービスや店舗の情報を投稿することで、拡散するといったメリットも期待できます。これは、接点が持ちづらいユーザーへも店舗の情報を届けることができるということ。新たなユーザー層を開拓して、集客に繋げるにはうってつけのツールです。

4.GPS機能を利用した施策の提供

O2OではGPS機能を利用した施策も多く導入されています。

例えば、アプリから最寄りの店舗を検索できる機能や、GPSの位置情報に応じてプッシュ通知を配信するといった手法が挙げられます。

また、来店するごとにポイントが貯まるチェックインポイントなどは、リピート顧客を増やすには効果的な施策でしょう。

5.リアルタイムでの情報発信

実店舗の混雑状況や商品の在庫状況をリアルタイムで発信する手法もO2Oでは多く見られます。

例えば、店舗で商品を購入する際にあらかじめ在庫状況が分かれば、ユーザーにとっては実に便利です。店舗側もより購入意欲の高い顧客を誘導できることから、売上に繋がりやすいと言えます。

また、飲食店でのWeb予約や事前オーダーなどは店舗での待ち時間を短縮できるためニーズも高く、O2Oの強みを生かしやすい施策と言えるでしょう。

6.ECサイトの構築

最後にご紹介するのは、ECサイトの構築です。

ECサイトを立ち上げることは、自社のサービスや商品を広くユーザーに発信することに繋がります。もちろんサイト内で商品を購入してもらうことで売上に繋がりますが、「実物を確認したい」というユーザーは一定数存在するため、実店舗への誘導にも効果を発揮するでしょう。

サイト内で店舗での営業風景や新商品の入荷情報などをコンテンツとして発信しておけば、より集客効果が高まります。実際に店舗を訪れることで店舗への親近感やロイヤリティが高まれば、自然とLTVの向上にも繋がっていくでしょう。

まとめ

今回は、O2Oにおける具体的な施策についてご紹介しました。

デジタル技術やスマホの普及により、オンラインユーザーとの距離は日々近付いています。こうしたユーザーにさまざまな施策を通して的確にアプローチできれば、実店舗の集客や売上を高めることができるでしょう。

O2O施策の1つとしてご紹介したECサイトの構築ですが、より魅力あるサイトを立ち上げるには質の高いサービスが不可欠です。

PRECSのカートシステム「リピスト」なら、豊富な機能と手厚いサポートで、魅力あるサイトを誰でも手軽に構築できます。ネットショップの立ち上げをお考えなら、ぜひ一度リピストのご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト