O2Oとは?意味/注目される理由/具体的手法など

ECサイトやアプリなどのオンラインサービスから、実店舗へと顧客を誘導するための施策をO2O(オーツーオー)と呼びます。

近年注目を集めているマーケティング手法の1つですが、用語は聞いたことがあるものの、その詳しい意味や手法までは知らないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、O2Oの意味や注目される理由、具体的な手法について解説します。この機会に、O2Oの概要をチェックしていきましょう。

O2Oとは?

O2O(オーツーオー)とはOnline to Offlineの略称で、ECサイトやアプリ、SNSなどのオンラインサービスから、オフラインの実店舗へと顧客を誘導するためのマーケティング施策のことを言います。

例えば、オンラインで発行されたWebクーポンを利用して実店舗への来店を促すといった手法が挙げられ、オンラインからオフラインへとユーザーの誘導し、店舗の売上を高めることが目的となります。

なぜO2Oが注目されているのか?

woman thinking

O2Oが注目される理由として、大きく次の3つが挙げられます。

  1. オンライン環境が普及した
  2. 効果測定がしやすい
  3. 導入が手軽で即効性がある

1つ目は、オンライン環境が爆発的に普及したということ。

インターネットの登場以降、急速に成長を続けてきたデジタルテクノロジーですが、近年のスマートフォンの普及により誰でも手軽にオンライン環境を利用できるようになりました。

WebサイトやECサイト、アプリやSNSツールなどを日常的に利用することは当たり前となり、オフラインである実店舗でもオンラインのサービスと連携しやすい環境が整ったと言えます。

2つ目は、効果測定がしやすいといくこと。

O2Oはユーザーが直接実店舗を訪れることから、来店者数をカウントするという簡単な方法で効果測定を行えます。デジタルマーケティングは複雑は効果測定を用いることが多いですが、これなら専門的なノウハウや技術に乏しい事業者でも安心して利用できます。

3つ目は、導入が手軽で即効性があるということ。

O2Oはクーポンの発行やアプリの導入など、すでにリリースされているサービスを代用することで誰でも手軽に導入することができます。また、割引や来店ポイントといった施策は即効性が高いことから、店舗の売上や集客にダイレクトに反映されるでしょう。

具体的なO2Oの手法をご紹介

では、具体的にO2Oの手法にはどのようなものがあるのでしょうか?代表的な手法をご紹介していきます。

1.オンラインクーポン

O2Oの手法としてまっ先に挙げられるのが、オンラインクーポンです。

Webサイトやアプリなどで実店舗で利用できる割引クーポンを発行する方法で、手軽に導入できる点も魅力の1つと言えます。

新規顧客の獲得にはとくに効果的な手法で、ユーザーとの関係を築く起点となるでしょう。

2.来店ポイント

men check in

来店ポイントやチェックインポイントも、O2Oの代表的な施策と言えます。

これはスマホなどGPS機能を利用して、来店した際にポイントが貯まっていく仕組みで、ポイントが一定数貯まれば割引や商品との交換などのサービスを提供します。

これまでも紙媒体のスタンプカードといった方法で広く浸透してきた手法ですが、これをデジタルツールを利用して取り入れることで、ユーザーの利便性アップが図れます。

来店ポイントはリピートユーザーの獲得にとくに効果を発揮するため、継続的な集客効果が見込める施策の1つです。

3.Web予約

次のご紹介するのが、Web予約サービスです。

こちらは、Webサイトやアプリ上で来店予約や事前注文を行うことで、ユーザーの利便性を高める手法となっています。例えば、飲食店を来店する際にWeb上で予約をしておけば、来店時に席待ちをすることなくスムーズに食事することが可能です。

また、持ち帰りサービスなどにも利用可能で、オーダーだけを事前にオンラインで済ませておき、店舗で支払いや受け取りだけでOKといった使い方もできます。

実店舗を訪れる前の段階からユーザーにアプローチできる上、店舗でユーザーと顔を合わせることで親近感を育みやすいといった点が強みでしょう。

4.SNSとの連携

SNS marketing

SNSと連携してサービスを提供するのもO2O施策の1つです。

例えば、自社アカウントのフォローやいいね!をしてくれたユーザーに割引を行うといったアプローチが考えられます。SNSとの連携は、その後もユーザーとの関係性を継続できる他、投稿を使って自店舗の強みや魅力をPRすることも可能です。

また、ユーザーへの反応が良く投稿が拡散されれば、さらなる新規顧客の開拓にも繋がるでしょう。

まとめ

今回は、実店舗へと顧客を誘導するためのO2O(オーツーオー)施策についてご紹介しました。

O2Oは、デジタルテクノロジーの発展を有効に利用することで、実店舗への集客や売上の増加に繋げることができます。Webサイトはもちろん、アプリやSNSといったツールを活用すれば、幅広いユーザー層にアプローチすることができるでしょう。

EC事業者がO2O施策に取り組む上で、魅力あるサイトの構築は重要なポイントです。リピストのカートシステムを使えば、誰でも本格的なネットショップを構築することができます。

売上に繋がるカートシステムをお探しなら、ぜひ一度リピストにご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト