このエントリーをはてなブックマークに追加

リピート率の平均はどのくらい? 業界ごとに調べてみた

リピート率平均

自分のショップのリピート率を算出したら、リピート率の平均と比較して経営の評価をしましょう!ここでは主にECサイトのリピート率の平均を紹介するとともに、平均リピート率を超えるためにはどうすれば良いのかを解説していきます。

ネット通販のリピート率

一般的にEC小売業界のリピート率の平均は30~40%とされています。

しかし、通販のリピート率は何もしなくても、ある程度商品数が揃っていれば10%前後はキープできます。ネットショップにはリピート率を上げるための要素がたくさんあります。

  • 送料無料
  • 類似商品の紹介
  • ポイント制度
  • メールマガジンの配信

などが代表的な例です。

これらのサービスをバランスよく利用しているネットショップは良好なリピート率を維持しています。

しかしネットショップはリピート率をどこまでも上げることはできますが、

リピート率の上昇に即効性がないのが特徴

です。
店舗経営とは異なり、店舗やスタッフが形に見えないので、顧客がリピートする理由が商品やサービスの内容に限定されるからです。

しかし、サービスの内容が他のショップと比べて群を抜いて優良なものだと、多くのリピーターがついてきます。リピート率を上げるには時間がかかるので、地道な努力を続けることが重要なのです。

ファッション通販サイトの平均リピート率

ファッション通販サイトの平均リピート率は約35%とされています。
しかし、ブランド力が高い通販サイトでは50%を超えるところもあります。

ファッションを通販サイトで購入しようとする顧客は、複数のサイトを比較する傾向が強くみられます。

そのため、

他の通販サイトよりも商品数を増やして購入してもらいやすい
環境づくりをすること

が重要となります。

サイトへの訪問者数が多いのに売上がいまいちといった場合は、他の通販サイトよりも顧客が求めている何かが欠けている証拠。
より多くの顧客が購入してくれるような通販サイトに変えていく必要があります。

化粧品及び健康食品通販サイトの平均リピート率

化粧品や健康食品を取り扱う通販サイトの平均リピート率は約50%と高値を示しています。
日々利用する消耗品ならではの数値と考えられます。

消耗品を取り扱うショップにとってリピート率はかなり重要です。

定期購入制度や送料無料サービスなどの施策を積極的に取り入れましょう。
リピート率が安定している状態でも、それらのサービスを怠らずに実施しましょう。

一度でもサービスを中断してしまうと大量の顧客離反を招いてしまいます。

その他ECサイトの平均リピート率

  • PC販売の分野での平均リピート率 約25%
  • 旅行サービスの分野での平均リピート率 約45%
  • 家電の分野での平均リピート率 約35%
  • 自動車保険での平均リピート率 約38%

という数値が出されています(2013年現在)

ECサイトでも分野によって平均リピート率は異なります。

リピーターがつきやすい商品を取り扱うショップでは高いリピート率

となる傾向にあるようです。

また、平均リピート率は時代とともに変化していきます。
実際にショップを経営する際は、

ショップの分野における平均リピート率を調べておくこと

が大切です!

リピート率の平均を目安に

リピート率の平均は業種によっても異なりますが、大体30%あたりが相場だと考えられます。
実際にショップを経営する場合、リピート率の平均を意識することも大切です。

しかし、現状のリピート率に満足することなく、常に向上させることを意識しましょう。
高いリピート率を誇る大企業は、リピート率を向上させる施策を講じながら高いリピート率を維持している状態です。

何の施策を講じることなくリピート率を維持できるということはありません。
リピート率が平均を超えているからこそもっと向上させる努力をする。

そんな貪欲な経営が成功へのカギとなります。

狙い目は単品リピート通販

単品リピート通販とは、その名の通り1種類の商品のリピーターを多く獲得することで収益を上げるモデルです。高いリピート率を達成できれば、EC運営は安定します。

※関連記事「単品“リピート”通販とは

尖った商品を販売できれば、総合通販との価格競争に巻き込まれることもありません。また小さな規模から始めることが可能なため、個人にもチャンスがあります。

単品リピート通販に適した商品は、主に化粧品や美容品、健康食品などの消費財です。

上記のデータでも触れているように、これらの分野では半分のユーザーがリピーター。他の何百というブランドのなかから選んでもらうのですから「これからも使い続けたい!」「この商品なしじゃ生活できない」と思わせるような、質の高い商品を販売するのが絶対条件と言えるでしょう。

どうすればリピート率を上げられるのか

最も重点を置きたいのが商品を購入してくれた顧客に対するフォローアップです。特に1度商品を購入した顧客に、2度目の購入を促すために力を注ぎましょう。

リピーターを獲得できるかどうかは、2度商品を購入してもらえるかどうかにかかっています。リピーターにならず途中で離脱してしまう顧客のほとんどが、1度商品を購入して2度戻ってこないパターンだからです。

初めての商品のあとは、ショップや商品に関する情報提供、商品の使い方などをメールで紹介しましょう。接触回数を増やして、もう1度購入してもらえる確率を少しでも上げます。

※関連記事「リピーターへ繋げるためのフォローメールの書き方

リピート通販に適したランディングページの設計も効果的です。

たとえば購入フォームと一体のランディングページなら、ユーザーもサクサク購入できて離脱をグッと減らせます。ユーザーのアフターケアと購入ハードルの引き下げ。両方同時に行えば、目に見える効果を実感できるでしょう。

単品通販に特化したカート利用が効果的

取り扱っている商品は違っても、リピート率の向上はショップの成功を左右する最優先事項です。特に単品通販サイトの運営者は、リピーター獲得がすべてといっても過言ではありません。顧客の立場で考えて、リピートを促していけるとよいですね。

リピート率をあげるためには、専門ツールを使うのも効果的です。リピストの単品通販に特化したLP一体型フォームは、購入途中で離脱してしまうユーザーを最小限におさえます。

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加