このエントリーをはてなブックマークに追加

電子取引(電子商取引)の種類と利点

ECサイトっていったい何?

「電子商取引」とは、インターネット等を利用して契約や決済を行う取引形態のことで、電子商取引の手段としてはインターネットや電話、郵便等が挙げられます。

最近はネットショップという形で、商品を展示して取引することが主流となっています。

電子商取引にはどんなメリットがあるのでしょう?

電子商取引の種類

電子商取引は大きく「B to C」と「B to B」に分けられます。Bはビジネス(企業)、Cは消費者を表し、B to Cは企業から消費者へ、B to Bは企業間での取引を示します。

電子商取引というといわゆるネットショッピング(eコマース)が代表的ですが、電子商取引はネットショッピングだけのことを指す言葉ではありません。

電子商取引にはどんなものがあるか見ていきましょう。

オンラインマーケティング

「オンラインマーケティング」はインターネット経由で行われるマーケティング活動の総称です。

宣伝のためのWebサイトを設ける、ネットを利用して顧客の要望等を集める、顧客と対話するといったものでオンラインマーケティングは売り手に利益をもたらします。

近年、オンラインマーケティングという形で電子商取引を展開する企業が増加しているため、オンラインマーケティングの受託を専門的に行う企業も増えています。

自動在庫・仕入管理システム

「自動在庫・仕入管理システム」は、ネットショップにおける商品の在庫や仕入状況を自動的に管理するシステムで、多くのネットショップで導入されています。

在庫管理ソフトには無料で使えるものも出回っているため、開設したばかりのショップでも使用されています。

サプライチェーン・マネジメント

「サプライチェーン・マネジメント(SCM)」も電子商取引の一つで、供給連鎖管理とも呼ばれます。

これは物流を企業内に限定することなく、企業間での物流システムを作ることで運営効率を高める手法です。

その他、電子資金移動(EFT)や電子データ交換(EDI)等、多くの形態で電子商取引は利用されています。

電子商取引のメリット

電子商取引には魅力的な利点がたくさんあります。ここでは、買い手側と売り手側にもたらすメリットを紹介します。

買い手側のメリット

電子商取引における買い手側のメリットは、商品の比較がしやすいことが挙げられます。

商品の価格や品質などを多店舗と比較することができるので、より自分にあった商品を手に入れやすい取引形態です。

また、実店舗の商品よりも全体的に安く手に入ることも大きなメリットとなります。
商品を販売元から直接購入することにより流通にかかるコストを削減することができるからです。

売り手側のメリット

売り手側のメリットとしては、実店舗が不要であることが一番に挙げられます。

店舗を構えることは、初期投資及び店舗維持費、店員にかかる人件費等、大きなコストがかかってしまいます。

電子商取引では、ネットショップという形で運営するとそれらのコストが不要となり、資金が少ない状態でも会社を開業することが可能なのです。

また、運営拠点が地方だったとしても、インターネットを利用して国内のあらゆる地域や世界に対して業務展開することができるので、商売の幅を容易に広げることができます。

さらに「クリック・アンド・モルタル」といって実店舗とECサイトの両方を運営することで相乗効果を図る手法をとることができることも魅力的です。

実店舗とECサイトを連携させることでより大きな業績が期待できます。

「リピスト」で簡単に電子商取引を!

上記の通り、電子商取引はとても魅力的な取引形態なのですが、まず何からはじめたらいいのかわからない初心者の方には、単品定期通販支援サービスの「リピスト」がオススメです。

リピストを利用すれば、電子商取引をより効率的に展開することができ、高い業績を期待できます。
サイトオープンから、売上があがるまでのサポートも行っているので、初心者の方にも安心です。

リピストのサービスを利用して、より効率的な電子商取引を目指しましょう!

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加